予算は?

また、婚約指輪の予算ですが、高価な物を贈れればそれは素敵なことですが、現実的に考えてこれからの生活のことも、結婚準備のこともありますのでよく考えて予算を出さなくてはなりません。そのためには、自分の収入、これからの経済状況などを振り返ったり先のことを考えなくてはなりません。それらを考慮せず、勢いですが高額な物を購入してしまってはこれからの生活が苦しくなってしまうし、相手方に経済観念に疑問符を持たれてしまいます。一般的には給与の3ヶ月分だと言われていますが、自分の貯蓄や今後の収入を見込んで、これからの生活や結婚準備に支障を及ぼさない程度に予算を組めば良いと思います。

金額のことはなかなか相手には相談しにくいですが、要は心を込めて自分の決意と愛情を示すことが大事であると思いますので、相手の要望なども取り入れて準備を進めるのが良いでしょう。プロポーズで相手から良い返事をもらった後で、二人で相談してどんなデザインのものにするか、婚約指輪はこれからの二人にとってどういった位置付けや思い出となっていくなど楽しく幸せな気持ちで準備していくことも大事なこととなります。

よく昔、婚約は結婚生活が経済的に苦しくなった時の保険と言われていた時もありましたが、今はそういったことも少なく、金銭的価値だけを婚約指輪に求めることもあまりないので、二人にとって大切な形になるよう、相手が幸せになれるように準備することが大事であると思います。


タイミングは?

婚約指輪の準備はいつ頃から始めれば良いのでしょうか。よくドラマやドキュメンタリードラマで見かけるのは、男性が女性にプロポーズするときに、綺麗な夜景の前やレストランで渡す姿が見受けられます。それはとても素敵なことですが、こういったドラマチックな演出をするにも準備を慎重に進めないと後々大変なことになります。ドラマなどではよく見る光景ですが、実際にこのようなシチュエーションで婚約指輪を渡す人は実はとても少ないです。

婚約指輪はとても高額なために、確実に相手が自分と一緒の未来を描いているという確信と自信がなければ難しいと思われます。大抵はまずプロポーズをして、相手の返事をちゃんと聞いてから準備するのが一般的です。プロポーズをし、相手の返事をちゃんと聞いてから、その後相手の両親に挨拶を済ませてから、婚約指輪を準備するのが、確実で順当なタイミングであると思います。

けれどもドラマチックな演出をしたい、勝負をしたいという人は、プロポーズの前に彼女を驚かすために、準備するのも思い出に残り良いと思います。その際は彼女がどういったブランドのものが好きなのか、好みのデザインはどのようなものなのか、現在の指輪のサイズはどのくらいなのか、情報収集をしておくことがたくさんありますので、こういった場合はより一層慎重に準備が必要であると思います。


婚約指輪の準備

将来を共に歩むことを決心した相手に対して、敬意とこれからの覚悟、愛情を示す手段として婚約指輪はあります。結婚を約束した証という意味もありますが、これから二人で歩んでいく決意を示すものでもあります。また相手方の両親に対しても、大切な娘さんを幸せにする覚悟がありますという意志を表明するような面もあります。運命の人と無事に結婚するための大切な過程の一つとも言えますので、失敗せずにできるだけ幸せな気持ちで相手に贈りたいものです。

しかも人生の中でする買い物の中でも高額な部類に位置しますので、しっかり準備しておきたいものです。婚約指輪を購入する際の予算は、自分の生活を振り返り彼女との関係性をよく見極めた上で決定しなくてはならないですし、慎重に大切に準備した婚約指輪も相手に贈るタイミングを間違えてしまったら、全てが残念なものになってしまいます。

そのため、婚約指輪の準備は慎重に進めなければなりません。婚約指輪を準備する時期というものは、二人の想いが通じ合いこれからの二人の未来へと歩き出す一歩とも言えます。これまで楽しくふわふわした幸せが、現実的な幸せへと変わっていく一歩とも言えます。婚約指輪を準備して、新しい二人の新しい一歩を踏み出すキーポイントでもあります。