予算は?

また、婚約指輪の予算ですが、高価な物を贈れればそれは素敵なことですが、現実的に考えてこれからの生活のことも、結婚準備のこともありますのでよく考えて予算を出さなくてはなりません。そのためには、自分の収入、これからの経済状況などを振り返ったり先のことを考えなくてはなりません。それらを考慮せず、勢いですが高額な物を購入してしまってはこれからの生活が苦しくなってしまうし、相手方に経済観念に疑問符を持たれてしまいます。一般的には給与の3ヶ月分だと言われていますが、自分の貯蓄や今後の収入を見込んで、これからの生活や結婚準備に支障を及ぼさない程度に予算を組めば良いと思います。

金額のことはなかなか相手には相談しにくいですが、要は心を込めて自分の決意と愛情を示すことが大事であると思いますので、相手の要望なども取り入れて準備を進めるのが良いでしょう。プロポーズで相手から良い返事をもらった後で、二人で相談してどんなデザインのものにするか、婚約指輪はこれからの二人にとってどういった位置付けや思い出となっていくなど楽しく幸せな気持ちで準備していくことも大事なこととなります。

よく昔、婚約は結婚生活が経済的に苦しくなった時の保険と言われていた時もありましたが、今はそういったことも少なく、金銭的価値だけを婚約指輪に求めることもあまりないので、二人にとって大切な形になるよう、相手が幸せになれるように準備することが大事であると思います。